水素水の秘密-世界各地に存在する奇跡の水の正体とは

バナー

水素水の秘密-世界各地に存在する奇跡の水の正体とは

世界の各地で「難病が治る奇跡の水」として知られている湧水が存在します。もっとも有名なのはフランスピレネー山脈の麓にある「ルルドの泉」です。
このマッサビエールの洞窟から湧き出す水を使用すると、多くの難病が「説明不可能な奇跡的治癒」が起こるとされ、カトリック教会が「奇跡」認定しています。

アメリカ大陸にも似たような「奇跡の水」が存在します。

メキシコの首都メキシコシティーから北に300kmほどの距離にあるトラコテ村にある「トラコテの水」を使用するとアレルギー疾患や皮膚疾患などが治癒するというものです。



これら以外にも病気が治癒する「奇跡の水」が世界各地にあります。

日本の長野県にある白馬八方温泉も残留水素が多いことで知られています。
近年、学者がこれらの水について化学分析を行った結果、世界各地に存在する奇跡の水には通常の水よりも水素濃度が高いという共通点があることが判明しました。

病気が治るとされていた奇跡の水とは「天然の水素水」だったのです。

最近のM3Qの欲しい情報が手に入りました。

水素による効果が知られていない時代には、天然の水素水が持つ効能についてしばしば宗教的な考えと結びつけられて考えられていたのです。

水素水情報サイトを使用する機会が増えています。

とはいえ自然に湧き出る水素水の濃度は通常の水より僅かに高い程度なので、飲用や調理の他に洗顔や入浴など生活の全てにおいて「奇跡の水」を使用しなければ効能を得ることができません。
これに対してアルミ缶などに水素ガスを充填して封入した市販の高濃度水素水は水素を飽和状態まで溶かした水であり、毎日300~500ml程度を飲み続けるだけで水素の効果が得られるのです。

Copyright (C) 2016 水素水の秘密-世界各地に存在する奇跡の水の正体とは All Rights Reserved.