ベビーシッターで子育て支援

subpage1

ベビーシッターは欧米では当たり前。

しかし、日本では、まだまだ普及していません。

ベビーシッターは保育士でなければならないというきまりはありません。


ですから学生や主婦でもできる仕事です。

しかし、子守り程度ならと甘いお考えは禁物です。



こどもを見るというのは、常に危険と隣り合わせであり、命を預かる責任もあります。以前、赤ちゃんがうつぶせでお昼寝している最中に死んでしまう乳幼児突然死など、家庭や託児所での事故が話題となりました。

まさかと思えるような不測の事故が常に起きうるのです。そう考えると、ベビーシッターの仕事にはかなりの集中力がいりますよね。


ベビーシッターとして学ぶには通信講座や短期養成所などもあるようですが、実際現場での経験を積むことが一番の勉強でしょう。保育はライブです。

臨機応変な対応と判断力が求められます。

また、こどもと即時に仲良くなれる性質も必要でしょう。



遊んだり、食事をしたり、排泄のお世話をしたりとやることは沢山ありますね。

絵本を読んだり散歩をしたり、歌を歌ったり、手遊びや工作をしたりとこどもの好みに合わせ楽しく時間を過ごしましょう。帰り際、また遊んでねと言われるような心に残る仕事をしたいですよね。

エキサイトニュースのお役立ち情報を公開しています。

こどもにとって、親と離れる時間は不安で寂しいものです。

しかし、一時でもそれを忘れさせるくらい安心できて夢中になれる時間を共有するスキルがあれば、ベビーシッターとして優秀だと言えるでしょう。


身になる知識

subpage2

子育てに悩んだら、ベビーシッターに頼んで子育て相談を行ってみてください。子育てしていると、いろいろと悩みを感じることもあります。...

next

いまどきの生活

subpage3

仕事や急な用事ができて、どうしてもわが子の面倒が見られない時って誰にでもありますね。そんな時、まずは保育園や託児所などに預けることを思いつくかもしれませんが、どちらも急に預かってほしいと言われてすぐに預かってくれるところは少ないです。...

next

生活をもっと知る

subpage4

これまで日本では海外程ベビーシッターは普及していませんでしたが、女性も社会進出をする時代となり、ベビーシッターを雇いたいと考える家庭は少なくありません。しかし、大切な子供を預けるのですから、安心して任せられるベビーシッターを選ぶことが重要となります。...

next

生活の実態

subpage5

ベビーシッターになるには資格はいりません。ベビーシッター派遣会社はたくさんありますので、応募して採用さえされれば、働くことは可能です。...

next