ベビーシッターを利用したいけど不安な方へ

subpage01

仕事や急な用事ができて、どうしてもわが子の面倒が見られない時って誰にでもありますね。



そんな時、まずは保育園や託児所などに預けることを思いつくかもしれませんが、どちらも急に預かってほしいと言われてすぐに預かってくれるところは少ないです。



それに、夜間や早朝などの営業時間外だと無理ですし、そうなると本当に子供を預けるところがなくて困ってしまいますね。よく聞くのが、親が緊急入院することになってしまい、子供を見てくれる人が全くいないという場合です。

こういう時は、ベビーシッターにお願いすることを考えたほうがいいかもしれません。
基本的にベビーシッターは、0歳から小学生未満の子供を依頼者の自宅で面倒を見てくれます。
小学校高学年くらいになると、ある程度は一人でなんでもできるかもしれませんが、赤ちゃんや幼稚園くらいの子供だと少しの間も一人にしておけません。

例えばお母さんが入院などすることになった場合は、お父さんが仕事から帰ってくるまでの間ベビーシッターを頼むのが一番面倒でなく、子供にとっても安心な方法かもしれません。

ベビーシッターは特に資格が必要なものではないので、誰でもやろうと思えばできてしまいます。



ですから、初めて利用するときは不安かもしれませんが、まずは役所などに相談して詳しい話を聞いてみましょう。
そして、実際利用する際は自宅に監視カメラをつけて、シッターさんにもその旨伝えて了承を得ておきましょう。

お互いにトラブルが起きないために必要なことですから、シッターさんも心得ているはずです。